【所沢】武蔵屋焼だんご|有無を言わさず超おすすめ!歴史を築いてきた老舗の味を堪能

武蔵屋やきだんご(所沢)の店構え

今回は、航空公園駅から徒歩15分のところにあり、所沢焼だんご界では老舗中の老舗「武蔵屋」にやってまいりました!

武蔵屋は、向かいの駐車場に専用の駐車スペースを持つ珍しいだんご屋さんで、家族のために何十本もだんごを買っていきたいという人にもおすすめのだんご屋さんです。

また、武蔵屋は所沢市観光協会から「ブランド」として認定されており、多くのテレビ番組が取材に来るほど有名なお店です。味についても文句なしにおいしい100点満点の焼だんごを提供してくれるお店。

「所沢の焼だんご」を知るには必ず立ち寄るべきお店です。

武蔵屋は来年で創業60年!所沢焼だんごの歴史を築いてきた名店

武蔵屋やきだんご(所沢)の由来

武蔵屋の天井には、所沢焼だんごの由来について書かれた額が飾られています。所沢の焼だんごは、今からさかのぼること室町時代、江戸城を構築した武将「太田道灌」が鷹狩りの帰りに所沢へ立ち寄った際、道灌のために家臣が作った物が由来であるという説が存在します。

この焼だんごは道灌の没後、鎌倉街道や甲州街道の拠点に開かれた茶店で振る舞われるようになり名物へと発展していったのです。こういった歴史を教えてくれるだんご屋さんは、年を重ねるごとにどんどん数を減ってきているため、所沢の焼だんごの歴史を調べないといけないという小学生の子を持つ方は、まず最初に武蔵屋へ行くことをおすすめします。

武蔵屋やきだんご(所沢)の店内は老舗を思わせる

武蔵屋は、「所沢の焼だんごと言えばここ」というほどの有名店であるため、全国ネット・ローカルを含め多くのテレビ番組から取材や訪問を受けています。

有名人が多く訪れている=100%おいしいお店という確証はありませんが、有名人が来るようなお店が半端な仕事をすることは滅多にないでしょうから、期待度は高まります。

武蔵屋焼きだんご(所沢)は昭和35年創業、今年で59年目

武蔵屋は昭和35年創業で、今年で59年目を迎える老舗中の老舗

創業当時は今ある場所ではなく金山通り沿いに店を構えていましたが、約20年前にこの場所へ移店したとのこと。

現在の店舗と以前の店舗は約300mほどしか離れていないため、約60年前から近所に親しまれているお店であると言えるでしょう。実際に私は武蔵屋の近所で生まれ育ち、宿題のために武蔵屋へ取材をしに来たことがあります。その当時も店主さんが優しくだんごについて教えてくれたことを思い出しました。

武蔵屋の焼だんごを注文

武蔵屋焼きだんご(所沢)はその場で焼いてくれる

店主さんは優しそうなおばあちゃん。武蔵屋は注文が入ってからだんごを焼き始めてくれるため、いつ行っても焼き立てのだんごを食べさせてもらえます。

ガスではなく炭を使う上で大変なのは「炭から目を離せない」点です。炭の様子を確認できるよう、常に焼き器が見える場所にいないといけないため、ガスを使う焼き器よりも手間がかかるとのこと。

それでも、「炭を使った方がガスを使って焼くよりもおいしく焼けるから、うちは炭を使ってるんだよ。」とおっしゃっていました。

武蔵屋焼きだんご(所沢)の焼きだんご1本120円

焼だんごの歴史を伺っている間にだんごが焼きあがりました。一本120円とお手頃な価格でありながらズシッと伝わる重さにびっくり。

だんごの表面がツルツルではなくゴツゴツと米の感じが残っていて、一目見れば「所沢の焼だんご」と分かります。

炭を使ってこんがりと焼き上げていくため香りも抜群!醤油の焼けた香ばしい匂いが店の中を包み込んでいきます。もう待ちきれませんいただきます!

武蔵屋焼きだんご(所沢)の焼きだんごを食べるとこWEBスタッフ

所沢で約60年もだんご屋を営んでいることもあり味については最高峰。醤油の香ばしさと米の持つ甘~い風味と香りが見事にユニゾンしている絶品の一串です。

武蔵屋の焼だんごに使われている醤油は、所沢で百年以上に渡り醤油を作り続け、武蔵屋から500mほど歩いた場所に本店が存在する「深井醤油」で作られた醤油。

塩分強めで甘みをあまり感じない醤油であるため、米を使った所沢のだんごとは相性抜群。だんごの持つほのかな甘みを引き立たせてくれています。

武蔵屋焼きだんご(所沢)の焼きだんごの断面

だんごを一粒齧り表面を見てみると、おはぎの断面のように波をうっていているため、より米感が強いだんごであることが分かります。

所沢の焼だんごは、表面をひとまずこんがりと焼き、その後醤油を少しずつ塗りながら焼き増していく作り方をします。そのため、しっかりと醤油が焼けている面もあれば写真のように醤油の液体感を残している面も存在します。

特に先頭と末尾のだんごは醤油が焼けきっていないことが多く、醤油の味がよりダイレクトに伝わってきます。真ん中にある2粒のだんごは、しっかりと火に当たることで醤油が焼けきり香ばしい風味となっているため、だんごの粒によって味のコントラストが分かれているのも魅力の一つ。一本で二度おいしいのが所沢の焼だんごなのです。

武蔵屋焼きだんご(所沢)の女将さんと談笑するとこWEBスタッフ

武蔵屋では4人掛けの長椅子があり、そこに座ってだんごをいただくこともできます。

私たちとこWEBスタッフが椅子に座ってだんごをいただいている間、武蔵屋の周辺にあるお店やだんごの歴史についてなど親切に教えてくれました、

所沢の焼だんごを知るには武蔵屋へ

武蔵屋焼きだんご(所沢)の焼きだんご1本120円

所沢にあるだんご屋の中でも一二を争う歴史の古さを持っている武蔵屋は、「ブランド」の名に恥じないおいしい焼だんごを食べられるだんご屋。所沢の焼だんごの真髄を味わうことのできるお店です。

味・接客・アクセス環境のどれを取っても満足できるお店でもあるため、所沢の焼だんごが食べたいと思ったら、まずは武蔵屋という感じで良いでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *