【所沢】桃李|鶏白湯が食べられる駅チカラーメン店!穂先メンマが美味しい!

中華そば桃李(所沢)の店構え

所沢駅西口から徒歩5~6分、プロペ通りを抜けてイオンの左隣にひっそりと佇む、瓦がおしゃれな門構えの「桃李」を訪問しました。オープンが2011年6月と、まだ若いお店ですがラーメン激戦区所沢でも着々と人気を集めています。

鶏白湯が主力…のはず

中華そば桃李(所沢)の店前にあるメニュー

主力メニューは鶏白湯

鶏白湯を扱うお店は所沢では私が知る限り「無い」ので、いいところに目をつけたな、というのが第一印象。鶏白湯をベースとしたつけ麺、担々麺、醤油ラーメンや限定メニューを展開し、飽きさせない工夫も凝らしています。

中華そば桃李(所沢)の券売機・メニュー

ちょっとおもしろいのはトッピングの「回数券」があることです。トッピングは味玉、白髪ネギ、穂先メンマ、焼豚と共通して100円ですが、4トッピング分を350円、10トッピング分を800円で購入できる回数券があります。

「桃李ファン」であれば購入をおすすめしますが、全てのラーメン・つけ麺に白髪ネギ・穂先メンマ・焼豚がトッピングされているので十分桃李の味を楽しむことができます。

中華そば桃李(所沢)の人気メニューのポップ

ただ少し疑問なのが、「鶏白湯ラーメン」がゴールデンゾーン(左上)にあるのに、その他の商品に「定番人気」「おすすめ」というラベルが貼られていることです。さっきの「鶏白湯担々麺」については限定メニューのはずなのに「一番人気」というラベルが貼られていたり、もうどれを選んでいいか分からなくなります。

結局全部食べてほしいということなのでしょうが、少なくとも「鶏白湯ラーメン」を「一番人気」にしないとお店としてまずいのでは…?と感じます。

お寿司屋さんのような清潔な店内

中華そば桃李(所沢)の店内カウンター

店内は非常に清潔に保たれ、上品な小料理屋さんの雰囲気があります。厨房には店主とアルバイトの女性が一人。伺ったのは土曜日だったので満席でした。お店は繁盛しているようです。

小耳に挟んだ話だと、「桃李は女性に人気がある」とのことでした。塩ベースでコラーゲンのイメージが強い鶏白湯、そして清潔感のある店内。その理由がわかったような気がします。

穂先メンマが衝撃!鶏白湯ラーメンを実食

中華そば桃李(所沢)の鶏白湯塩ラーメン

注文したのは鶏白湯ラーメン。穂先メンマと焼豚、白髪ネギに、トッピングした半熟卵。麺は中太ストレート麺でオーソドックス。

まずはスープを一口。鶏白湯の中では少し動物系の臭みがあります(個人的には少し苦手かも…)。正直これまで食べてきた鶏白湯と比較して新しさは感じません。しかし麺はスープによく絡み、「燃料補給」と「水分補給」を同時に行えます。結構こってり。

中華そば桃李(所沢)の鶏白湯塩ラーメンのメンマ

桃李の特徴である穂先メンマ。これは高く評価。全てのラーメン・つけ麺に穂先メンマがトッピングされています。スープの旨味を吸い込みとても柔らかく、そのこだわりを感じます。苦手な方は抜くこともできるのですが、穂先メンマが桃李の特徴なので抜くのはもったいないかも。

中華そば桃李(所沢)の鶏白湯塩ラーメンのチャーシュー

桃李では「チャーシュー」ではなく「焼豚」と呼んでいます。少々固めで、とろとろチャーシューが好みの方にはあまりおすすめできません。噛みごたえがあるものの、市販のチャーシューと比較しても正直一般的で特徴は少なめ。

むしろ鶏白湯の臭みを吸ってしまい生臭さが残ります。うーん残念。

中華そば桃李(所沢)の鶏白湯塩ラーメンの半熟卵

トッピングで追加した半熟卵はとても綺麗なオレンジでよくできています。麺・スープに絡ませ美味しくいただきました。

中華そば桃李(所沢)のラーメンは180円で替え玉を頼める

ラーメンのみですが替え玉も180円でできます。スープをかなり吸ってしまったのと、かなり満腹感を得られる重みを感じたので今回はパス。

課題も感じられるが再訪の価値あり。次回に期待!

中華そば桃李(所沢)の鶏白湯塩ラーメンを完食

最後まで美味しくいただくことができましたがまだ課題が多いと感じます。店が清潔である点、所沢で鶏白湯が唯一食べられる点、穂先メンマがとっても美味しいなど、評価できるポイントはたくさんありますが、満足度としてはイマイチ。

また時間をおいて違うメニューを楽しんで再考してみようと思います。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *