西武ドーム「ネット裏スペシャルシート」からの眺め

夏暑くて冬寒い、西武ドームの「自然一体型設計」とは~なお球場内にエアコン無し

西武ドームは日本のドーム球場の中で、最も周囲の環境や気候に左右されやすい球場です。

夏は暑く、冬は寒い、雨が降れば横から吹き込んできます。「ドーム」でありながら、バッターが打った球も風に乗ることがあります。熱気が溢れ球場内に雲ができることもあります。冬にコンサートイベントがあれば、アーティストの吐息が白く漏れ、それがビジョンで確認できることもあります。

「そんなバカな…」と思われるかもしれませんが、西武ドームでは日常茶飯事。必要最低限の雨・日差しを防ぐことくらいしかドームの役目は果たせていません。

しかしそこは日本人、「西武ドームでLIVEをやります」と発表があると、Twitterなどでは定期的に盛り上がりを見せそれをむしろ楽しもうとするファンの姿勢が見て取れます。もちろん皮肉でしょう。

【注意】西武ドームはド田舎です。

西武球場前駅から見える自然の多さ

西武ドームは狭山丘陵・狭山湖・多摩湖など、「となりのトトロ」を題材とした大自然に囲まれています。その自然を守るため、またこの自然を活かすための設計にするため、西武ドームが建設。そのため西武ドームにはエアコンが設置されておらず、環境面へも配慮されています。

西武ドームは狭山丘陵・狭山湖・多摩湖に囲まれている
西武ドームまでの行き方(車ナビ)。は狭山丘陵・狭山湖・多摩湖に囲まれている。

ですから「関東のドーム球場」と言いながらアクセスは最悪。メジャーリーグのようにハイウェイ沿いや広大な土地にドンっと設置されているのとは異なり、単純に行きにくいのが西武ドームです。

しかし、公共交通機関以外に、車や自転車、徒歩などアクセス手段が多様なのも特徴。ちなみに私は、行きは電車、帰りは徒歩で近隣の駅まで帰ることもあります。詳しくは「関東イチ行きにくい西武ドームへのアクセス方法と注意点~終電車・ホテル情報」を参照。

夏暑くて冬寒い理由

もともと西武ドームは、「西武ライオンズ球場」という屋外球場として1979年に開業されました。そこから20年後、1999年に異例となる「屋根の架設」が行われ、今の西武ドームの形になりました。

自然一体型設計の西武ドーム(外観)
自然一体型設計の西武ドーム(内観)

従って、ドームとなる屋根の支柱が球場を囲うように建設されています。屋外球場時代に既に「ドーム化」を前提として設計されていて、毎年のように改修・再整備は行われています。特に「球団40周年記念事業」として2017年末から2021年春にかけて、周辺施設を含めた大規模な再整備も行われています。

上の写真を見れば、理屈を説明する以上になぜ西武ドームの環境が劣悪なのか理解できるでしょう。

風が吹き抜け、いっぱいの緑を感じることができる「自然一体型ドーム球場」とも言われています。確かに春先、秋口、コンディションが合えば最高なのですが、温暖化が進み、近年はサウナのような状況になることもあります。

西武ドームの送風機

なおドーム内にはもちろんエアコンはなく(稼働させても無駄)、学校の体育館にあるような巨大扇風機のみ。私たち観客はまだ耐えられますが、ビールの売り子さんや、警備員の方は本当に大変だと思います。

また、プロ野球の観戦において、ドーム球場は「夏場の土日はデイゲーム」、屋外球場の場合「夏場の土日はナイトゲーム」と何となく決まっています。しかし西武ドームはドーム球場でありながら、夏場でもナイトゲームがほとんど。東京ドームやナゴヤドームなど他球場がデイゲームを開催している中、西武ドームだけがナイトゲームであることは頻繁にあります。

夏は熱中症対策、冬は寒さ対策を忘れずに

バルーンのレオくんと西武ドーム

西武ドームでのイベントは基本的に「野外フェス」の装備で臨みましょう。過信は禁物、特についつい熱くなってしまう野球やコンサートなどでは熱中症に注意して下さい。

また、近隣には高い建物が無く、日差しを防ぐものが一切ありません。あまり早い時間に球場入りしてしまうとイベント前に体力を消耗してしまいます。自然はたくさんありますが、涼を取れる場所はありません。

西武ドームがある所沢市は、埼玉県内でも大宮・浦和に次ぐ都市ではありますが、ここ「所沢市山口」においては所沢駅からはずれた場所にあって、人もほとんど住んでいません。周囲は森と2つの湖だけです。

ファミリーマート西武球場駅前店ではイベントがあるとおにぎり、サンドイッチ、弁当類は完売
ファミリーマート西武球場駅前店ではイベントがあると酒類以外は完売

またコンビニは一つしかないので、水分や食料も注意して下さい(ファミリーマート西武球場駅前店)。おにぎりや弁当類は大体完売、飲み物も酒類以外大体売り切れてしまうので、事前の買い出しは所沢駅近辺で済ませる方が多いです。

電車を使って所沢駅から西武ドームまでは15分ほどですので、時間にゆとりを持ちながら所沢駅近くで時間を潰すのがおすすめです。

なんだかんだみんなに愛されている西武ドーム

西武ドーム

西武ドームの環境は正直言って最悪です。しかし、「西武ドームでLIVEをやります!」とアーティストが発表すると、なぜだか心がウキウキします。暑い又は寒いことを分かっているのですが、その逆境に興奮するのです。

恐らくあなたもそうではないでしょうか。野外フェスで雨が降ることを期待してしまうのと似ています。

ちなみに、私は西武ドームのすぐ裏手、東村山市に20年近く住んでいます。西武ドームへのイベントの際は、徒歩・自転車・車・電車、すべての交通手段で訪れたことがありますが、効率の良い行き方や帰り方というのは無いと思っています。数時間に渡るサウナで流した汗で乗る帰りのすし詰め電車はなんと表現していいのかわかりません。行きも、イベントやライブ中も、帰りも、ずっと文句が絶えない素晴らしいドーム球場です。

著者について

はち

はち

とこWEB編集長。所沢市のお隣、東村山市出身。とこWEBを含めた各種メディア製作会社の代表。年間1000試合以上野球をみるという野球好き。好きな球団は阪神・・・パは西武!汗